京都VIO(アンダーヘア)脱毛入門

レジーナクリニック

京都VIO脱毛〜初めてのアンダーヘア脱毛

初めての方も多いかと思いますので、VIO脱毛(アンダーヘア)脱毛について少々解説してみます。

 

VIO脱毛のV,I,Oは、そもそもどの部分を指すかわかるでしょうか?

 

Vライン脱毛はVIO脱毛の入口

 

VIO脱毛(アンダーヘア脱毛)の中でも、とくにVライン脱毛は、水着を着るときなどには処理の欠かせない部位でもあり、自己処理を行う人の多いところでもあります。

 

Vライン脱毛は費用も比較的安いサロンが多く、手軽に脱毛できることから,ワキ脱毛と並んで人気の脱毛部位なんですね。

 

アンダーヘア脱毛のなかでも手ごろ、主流ともいえるVライン脱毛ですが、そもそもVラインてどこかわかりますか?

 

Vラインというからにはなんとなく想像できるかと思いますが・・一般的にはビキニラインのことを指します。下着を履いた状態ですと、真正面から見てVの字に見える範囲。

 

Iラインとの境目がちょっと分かりづらいのですが、太ももの付け根辺りが境目と思えばよいでしょう。

 

ですが、サロンによって呼び方はまちまちで、Vラインは、”Vラインサイド”と”Vライン”に分かれるようなサロンもあります。
この場合のVラインは前面の三角形部分(先のVラインより広い範囲)です。

 

Vラインのお手入れは、自分で見えるし手が届くこともあり、日常的に自己処理をしている女性も多いようです。

 

また、Vライン脱毛は、VIO脱毛(アンダーヘア脱毛)が初めての女性でも、比較的抵抗なく始めやすい部位、入り口とも言える脱毛です。

 

VIO脱毛(アンダーヘア脱毛)にはVライン,Iライン,Oラインとあるわけですが、Vライン脱毛は、生えている範囲の量や長さを整える感覚で始める人が多いです。特に夏場、需要が大幅に増えます!

 

Vライン脱毛だけのつもりが、爽快感からIラインやOライン脱毛までやってしまおうと考えるようになる女性が、実際多いです。

 

Vライン脱毛を始める際は、その後にIラインやOラインの脱毛したいのかどうかも、ある程度考えておくと、仕上がりがよりスムーズでしょう。

人気ハイジニーナスタイル!スタイル色々京都VIO脱毛

 

VIO脱毛(アンダーヘア脱毛)と言ってもお手入れのしかたは色々あります。

 

下着に沿った形の一般的な逆三角形型、ハイレグの下着でもはみ出す心配のないIライン型、遊び心のあるハート型や、毛をすべて処理する全処理(いわゆるハイジニーナスタイル)といったものまであります。

 

近頃はハイジニーナスタイルは、実は人気のスタイル。
芸能人やおしゃれやファッションに敏感な女性から、一般的に広く浸透するようになりました。

 

好みの形にしたい場合や肌を傷めないないためにも、IラインやOライン、自己処理をしていたVライン脱毛も、専門のプロに任せるのがほんとはおすすめ。

 

脱毛サロンでは、どの程度お手入れしたいのかカウンセリングした後、おすすめのスタイルを提案してくれます。デリケートなVIO脱毛の危険性も熟知したプロだからやはり安心です。

 

ちなみに、脱毛サロンの脱毛は、現在は光脱毛が主流。
お手入れする部分を消毒して、専用ジェルを塗布して光を照射、保護クリームを付けるといった流れが一般的です。

はじめてのIライン脱毛【京都VIO脱毛】

アンダーヘアーの自己処理が煩わしい、自分ではできない・・・
処理してもすぐ生えてくる

 

など、自己処理に限界を感じると、VIO脱毛(アンダーヘア脱毛)を考えるようになります。

 

メリット多いIライン脱毛

 

Vラインは比較的わかりやすいですが、Iライン脱毛はどうでしょう?

 

Iラインもなんとなく想像はできるかと思いますが・・・とってもデリケートな部分、どんな風にお手入れするのか不安も大きい部位ではないでしょうか。

 

Iラインとは、女性の性器周辺、縦ラインの部分を指します。
下から覗きこんで、Iの形に見える部分ですね。

 

Iライン脱毛をすると、小さ目の下着から毛がはみ出る心配が無くなる、生理時のムレが解消されるなど、実はメリットが多数あります。

 

メリットも多いですし、近頃は処理を行う女性が増加している部位です。

 

脱毛サロンや医療クリニックなどでIライン脱毛は可能です。
現在、クリニックでは医療レーザー脱毛が主流。

 

VIO脱毛(アンダーヘア脱毛)は、特にデリケートな部分なので痛みを感じやすい部分。
医療レーザー脱毛は光脱毛より痛みを感じやすいですが、効果も高いのが特徴です。

 

Iラインは粘膜が近く危険な部位でもあり、粘膜ぎりぎりまでお手入れ可能としているサロンやクリニックが大半。

 

光脱毛と医療脱毛の特徴を踏まえて、自分にあう脱毛法を見つけるのがよいでしょう。

ページtopに戻る 

関連ページ

VIO脱毛(アンダーヘア脱毛)お手入れの方法【京都】
VIO脱毛(アンダーヘア脱毛)の実際のサロンでの進め方、施術方法をご紹介します。気になるIラインやOライン脱毛はどんな風に行うの?Oライン脱毛は恥かしい?京都ミュゼのハイジニーナ脱毛(アンダーヘア脱毛)を一例に、VIO脱毛のやり方解説です!
その処理大丈夫?アンダーヘアセルフケアの危険性
アンダーヘアのお手入れどうしてますか?女性の多くは、水着を身に付けるとき、気になる男性ができたときなど、アンダーヘアのお手入れに意識が行くようになります。アンダーヘアのセルフケアは、その方法を誤ると、黒ずみや埋没毛などどらブルの原因となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME シースリー ディオーネ ミュゼプラチナム リゼクリニック